ジェイソン・トッドは非常に気性の荒いアンチヒーローだ。その原因は、かつて非業の死を遂げ、バットマンの恐るべき敵の手によって無理やり蘇生されたことにある。感情のコントロールは苦手だが、友に危険が及ぶ時は迷わず危険に飛び込んでいく。ゴッサム・シティの腐敗を目の当たりにしてきたレッドフードは、犯罪には相応の罰が必要だと考えている。

ジェイソンは鍛錬の末、人間が到達できる限界までその力を研ぎ澄ませた。また、古典的なものから最新のテクノロジーに至るまで、古今東西のあらゆる武器を用いた様々な戦闘技術に精通している。バットマン・ファミリーとの和解後、彼はバットマンの非殺傷戦闘術を継承した。

レッドフード